MENU

スカルプグロウFの発毛成分「トコフェロール酢酸エステル」とは

スカルプグロウFはヘアサイクルの乱れと頭皮環境を整える有効成分を複数配合することで、薄毛に良い効果を発揮します。
その有効成分の代表として活躍しているのが、トコフェロール酢酸エステルです。

 

・トコフェロール酢酸エステルの役割

 

聞きなれない化学名称のためどんな成分なのか全く想像もつかないかもしれませんが、これは人間に馴染み深いビタミンの一種です。
正確には合成ビタミンで、ビタミンE誘導体とも呼ばれています。
育毛剤のためにある特別な成分というわけではなく、広く医薬品で用いられており、血行を促進して患部の修復能力を助ける効果を発揮してくれます。
他にも化粧品などのスキンケア用品にも使われる人気の成分です。
育毛剤の成分としては頭皮環境を整えることで育毛効果を発揮します。
頭皮は生活習慣の乱れやストレスなどで環境が乱れ、フケやかゆみを生じ、ヘアサイクルを乱して薄毛も招きかねません。
トコフェロール酢酸エステルには抗酸化作用があり、頭皮の酸化を防いでフケやかゆみなどを防いでくれます。
また成分が浸透することで末梢神経の血行を促進させて、髪を生み出す毛母細分に十分な栄養を届けやすくしてくれます。

 

・豊富に含まれる有効成分の一つ

 

育毛剤だけでなく化粧品にも幅広く用いられていることから分かる通り、非常に人体に優しい成分というのも大きな特徴です。
頭皮に塗布することで重大な副作用が起こることはありません。
ただし、稀に体質によっては合わないことはありますが、これはどんな成分にも同じくいえる注意事項なので特筆するようなことではありません。
トコフェロール酢酸エステルはスカルプグロウFの代表的有効成分です。
とはいえ、単体で大いに活躍してくれるわけではありません。
同じく頭皮環境を整える成分としては、グリチルリチン酸ジカリウムやパンテノール、紅茶エキス、ニーム葉エキス、甘茶エキスなど、自然由来で安心ながら効果的な成分がたくさん配合されています。
複数の有効成分をバランスよく配合されることで、互いに効果を高めあって有効な育毛剤として仕上がっているのです。