MENU

頭皮に浸透しやすいスカルプグロウFのハス種子乳酸菌発酵液

育毛剤には育毛効果が高いとされる定番成分がほとんどの育毛剤に含まれています。
スカルプグロウFも例外ではありませんが、独自の特徴的な成分もいくつか含まれています。
それがハス種子乳酸菌発酵液です。

 

・毛乳頭細胞の正常活動を促す成分

 

名前にハスとあるように、ハスの種子から抽出された成分を植物性乳酸菌によって発酵させたのがハス種子乳酸菌発酵液です。
毛乳頭細胞を刺激することで髪の成長を促進させる働きがあると注目されています。
成分が髪に浸透すると、発毛を促す指示を毛乳頭細胞へと伝えます。
するとヘアサイクルの乱れなどで髪の成長が滞っていた毛乳頭細胞は正常な活動を取り戻し、太く強く抜けにくい髪の毛を生み出せるようになります。
同じような効力を持つ成分は他にもありますが、ハス種子乳酸菌発酵液は浸透力が非常に高く、効率よく細胞に届いてくれるといわれています。
植物由来成分なので肌にも優しく安全性も高い点も注目です。
スカルプグロウFにはグリチルリチン酸2Kやパンテノール、トコフェロール酢酸エステルといった代表育毛成分も当然のように効果が期待されます。
その中にあってもハス種子乳酸菌発酵液の活躍は見逃せません。
様々な成分がうまくバランスよく配合されることで総合的に優れた育毛効果を発揮してくれるのです。

 

・古くから美容健康に注目されている成分

 

育毛剤のスカルプグロウF以外にも、高い浸透力があるということで化粧品に含まれることもある成分です。
効力としては、ケラチノサイト分裂低下抑制効果を発揮することで、メラニン色素の蓄積を防ぎ、シミ予防に良いとされています。
またハス種子そのものも古くから生薬として用いられてきた歴史があります。
主に婦人病や滋養強壮に効果があるとされ、むくみや胃腸機能を高める、高血圧の予防にも良いとされています。
栄養もビタミン類にミネラル類、食物繊維が豊富で栄養食品としても高い人気があります。
ハスの実をそのまま食材として利用することもあれば、成分を抽出したサプリメントも市販されています。